ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

工学府(博士課程(後期))

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

学部・研究科等の特色等

学部・研究科等の特色等

学府長メッセージ

 東京農工大学大学院工学府は、1966年に大学院工学研究科(修士課程)を本学で初めて設置し、1989年に博士課程を新設するに伴って大学院工学研究科(博士前期・後期課程)に改組し、現在に至ります。以来、「自らの専門領域について最先端の研究や技術開発に関する知識を身につけ、その専門領域において独創性の高い研究を担い、持続的に問題解決と研究開発を行える人材」を送り出してきました。

 本学工学府のミッションを「世界を変える新しい知を創生すること」と定めています。世界を変える新しい知を創生するためには、自ら挑戦し続ける研究者を支援することが最も重要です。複雑多様化した現代社会にあっては、自らの専門領域に閉じこもることなく、異なる分野を広く俯瞰し、かつそれらを積極的に融合した研究を開拓しようという挑戦が望まれます。それには、大学そのものに研究を活性化する環境が整えられていることが必要不可欠と言えるでしょう。

 上に述べたミッションを実現すべく、本学工学府では6専攻からなる博士前期課程、1専攻の専門職学位課程、東京外国語大学、電気通信大学及び本学と文理協働の博士人材を養成する「共同サステイナビリティ研究専攻」を含む5専攻からなる博士後期課程を軸に、研究分野融合による革新的研究の創出を目的とした教育カリキュラムを編成しています。異分野研究を体験し知ってもらうことを主眼とする学内インターンシップや企業へのインターンシップ、海外の著名な研究者との国際共同研究など、既成の概念を打ち破る新しい知への挑戦が如何に国際社会の持続的な発展に貢献することになるかを実感できるような教育に特徴があります。

 このように、専門領域について最先端の研究に専念しながらも、現代社会の科学技術に対する多様な要請にも柔軟に適応しつつ、ひとりでも多くの在学生・修了生が「世界を変える新しい知を創生すること」への志を持ち続けられるように、また世界に認知される研究大学としての成果を持続的に上げていけるよう、全教員職員が一丸となって努力していきたいと考えています。