ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  ここから大学情報です
                  お気に入りリスト一覧へ

                  基本情報

                  大学の基本情報

                  大学名
                  大阪市立大学
                  本部所在地
                  大阪府大阪市住吉区杉本3-3-138 
                  設立年(設置認可年)
                  2006
                  大学の連絡先(代表番号、メールアドレスなど)

                  https://www.osaka-cu.ac.jp/ja/contact
                  大学の種類
                  公立・大学(大学院大学を含む)
                  総学生数(学部)
                  6,595人
                  総学生数(大学院)
                  1,652人
                  総教員数(本務者)
                  732人

                  大学の教育研究上の目的や建学の精神

                  【大阪市立大学の理念】
                  大学の普遍的使命-優れた人材の育成と真理の探究-の達成
                   《市民の誇りとなる大学》
                     都市を学問創造の場としてとらえ、都市の諸問題に英知を結集して正面から取り組む。
                     教育及び研究の成果を都市と市民に還元し、地域社会及び国際社会の発展に寄与する。
                   《市民に親しまれる大学》
                     都市型総合大学として、都市・大阪の伝統と文化を継承する。
                     自由で創造的な教育と研究及び高水準の医療を推進する。
                     市民とともに、都市の文化、経済、産業、医療などの諸機能の向上を図り、真の豊かさの実現をめざす。

                  【教育の基本方針】
                  都市・大阪を背景とした市民の大学という理念に立脚
                  人類の幸福と発展に貢献
                  様々な分野で指導的役割を果たし、社会で活躍する人材の育成

                  【研究の基本方針】
                  新しい知の創造をめざす独創的で特色ある研究を推進
                  都市が抱える様々な課題に取り組み、成果を都市と市民に還元し、地域社会の発展に寄与
                  新しい産業を生み出す芽となる研究を推進し、その成果を社会に還元

                  続きを読む… 折り畳む

                  大学の特色等

                  【大阪市立大学の教育の特色と目標】

                   大阪市立大学は、1880年の大阪商業講習所設立に始まり、日本で初めて市立の大学として発足した旧制の大阪商科大学を経て、今日まで続く長い歴史と伝統を持つ公立大学です。公立では数少ない総合大学であり、高い水準の多様な学問研究を基盤とする研究大学として歩むとともに、「理論と実際との有機的な連結を重視する学風」や市井の精神に発した自主独立・自由進取の気風を重んじて、大阪の発展や日本と世界の未来を担う人間を長年育成してきました。

                   大阪市立大学は、これらの伝統を生かしつつ、8学部11研究科の多彩な学問分野にわたる総合大学として、国際的かつ個性的で多様な研究の場を活かしながら、高度で闊達な少人数教育を行っています。多様な課題を抱える大阪や日本ひいては世界の調和と発展に貢献するために、真善美の価値判断を身につけ、英知と市民的公共性を備え、多様な他者と協働しながら、地域・社会の様々な分野で指導的役割を果たせる、次世代の人間の育成をめざしています。

                  教育研究上の基本組織

                  全てを表示する 折り畳む

                  学部(短期大学の場合は学科)
                  商学部
                  経済学部
                  法学部
                  文学部
                  理学部
                  工学部
                  医学部(医学科)
                  医学部(看護学科)
                  生活科学部

                   

                  全てを表示する 折り畳む

                  研究科
                  経営学研究科(前期博士課程)
                  経営学研究科(後期博士課程)
                  経済学研究科(前期博士課程)
                  経済学研究科(後期博士課程)
                  法学研究科(前期博士課程)
                  法学研究科(後期博士課程)
                  法学研究科(専門職学位課程)
                  文学研究科(前期博士課程)
                  文学研究科(後期博士課程)
                  理学研究科(前期博士課程)
                  理学研究科(後期博士課程)
                  工学研究科(前期博士課程)
                  工学研究科(後期博士課程)
                  医学研究科(修士課程)
                  医学研究科(博士課程_一貫)
                  看護学研究科(前期博士課程)
                  看護学研究科(後期博士課程)
                  生活科学研究科(前期博士課程)
                  生活科学研究科(後期博士課程)
                  創造都市研究科(博士(後期)課程)
                  都市経営研究科(修士課程)

                   

                  全てを表示する 折り畳む

                  その他の学内組織
                  理学部附属植物園
                  医学部附属病院
                  医学部附属刀根山結核研究所
                  学術情報総合センター
                  情報基盤センター
                  都市健康・スポーツ研究センター
                  大学教育研究センター
                  英語教育開発センター
                  人権問題研究センター
                  都市研究プラザ
                  複合先端研究機構
                  人工光合成研究センター
                  国際センター
                  URAセンター
                  健康科学イノベーションセンター
                  都市防災教育研究センター
                  地域連携センター
                  文化交流センター
                  証券研究センター
                  数学研究所

                  キャンパス一覧

                  キャンパスの外観1

                  評価結果(認証評価及びその他の評価の結果)

                  全てを表示する 折り畳む

                  評価機関評価年月
                  公立大学法人評価大阪市公立大学法人評価委員会
                  評価機関評価年月
                  大学機関別認証評価独立行政法人大学改革支援・学位授与機構2016年3月
                  評価機関評価年月
                  法科大学院認証評価独立行政法人大学改革支援・学位授与機構2014年3月

                  学生支援

                  修学支援

                   本学では、個々の学生に対して、オフィスアワー、電子メール等にて学習や生活に関する個別指導、個別面談等を行っています。学部・研究科により担任制度、チューター制度、アドバイザー制度等を設けているところもあり、在籍するすべての学生に対してきめ細やかで即座の対応が可能な体制を整えています。また、大学ホームページ等でシラバスを公開し、学年暦、時間割、授業内容の詳細等が確認できます。
                   杉本キャンパスでは、学部・研究科の学生サービス窓口を集約した「学生サポートセンター」を設置し、履修の相談を含め学生の必要な手続きなどをサポートしています。

                  【OCUラーニングセンターの設置】 
                   本学は平成28年度に文部科学省の補助金事業である、『大学教育再生加速プログラム(AP)「高大接続改革推進事業」』の「テーマⅤ:卒業時における質保証の取組の強化」に採択されました。
                   このAP事業は、わが国の高等教育に共通の課題に対して取り組む大学の優れた事業を選定して集中的に支援し、その活動・成果を波及させることによって、高等教育全体の質的転換の加速を促し、大学の人材育成機能の抜本的強化を図ることを目的とした事業です。
                   このAP事業における入学から卒業にかけての「修学支援」の取組として、学生の自主的・能動的な学修とそれを促す教育のサポートを目的とし、平成28年4月に学修支援推進室(通称:OCUラーニングセンター)を新たに設置しました。

                  【主な修学支援の内容】
                  ◎一般学修相談
                   OCUラーニングセンターでは、専属スタッフが常駐しており、開室時間(9:00~18:00)中は随時下記の相談・指導を行っています。
                  ・学生の学修状況の振り返り
                  ・学修目標設定及び相談等の指導・支援

                  ◎英語学修支援・数学学修相談
                  学内の英語教育開発センター、数学相談室と連携して、英語・数学相談の受付(事前予約要)や、「自分の実力・目的に合わせた英語の学習方法を学びたい」や「数学の授業でわからない箇所を解決したい」などのさまざまな悩みや質問についても受付しています。

                  ◎自習スペースの活用
                   OCUラーニングセンター内には授業時間外に自習や、授業準備のためのグループディスカッション・グループワーク等が行えるスペースも併設しているため、開室時間中は自由に利用することが可能です。あわせて教員の方々のアクティブラーニング型教育の支援も行っています。 また学生自身の自律的な自学自習を促す学修教材「学びのTips」の配架や、自習スペースを活用して、学生が他の学生と学びながら交流できるイベントやセミナー等も実施しています。

                  続きを読む… 折り畳む

                  心身の健康に係る支援

                   本学では、保健管理センターおよびカウンセリングルームが中心となり、学生の心身の健康維持に取り組んでいます。
                   保健管理センターでは、看護師3名が常駐して病気やケガへの応急対応や健康維持に向けた啓蒙活動を行っているほか、週3日程度の診察日を設け、校医による内科の診察や健康相談を実施しています。また、定期的に整形外科医による診察や神経精神科医による相談も実施しており、健康に不安を抱えている学生への支援を行っています。
                   保健管理センター内に設置されているカウンセリングルームでは、学生の心の面での健康維持をサポートしています。臨床心理士の資格を持ったインテーカー2名、カウンセラー6名による相談体制を構築し、月曜日から金曜日まで毎日相談に応じているとともに、医療的な措置が必要とされるケースにおいては神経精神科の医師による診察も行っています。

                  留学生支援

                  留学生向けの経済的支援として、授業料減免制度があります。この制度は、経済的理由により授業料の納付が困難であり、かつ学業が優秀であると認められる留学生に、選考により授業料の3割、半額または全額が免除される制度です。大学独自の奨学金としては、大阪市立大学浦上奨学金があり、学力に優れ、かつ研究心に富みながら経済的理由のために修学が困難な本学大学院に在学する女子留学生を対象に奨学金が給付されます。国際センターにおいても各種団体奨学金の案内も随時行っております。
                  新入留学生のために「外国人留学生のしおり」を作成し、日本での生活に必要なさまざまな情報を掲載しています。また、チューター制度があり、希望する学生に対し配置し、日常の生活面や勉強のサポートを行います。
                  住居に関して、本学は留学生宿舎を有しておりますが、自らアパートを契約する際に保証人を探すことが困難な学生に対しては、一定の条件で留学生のアパート賃貸借契約の連帯保証人を引き受けています。
                  留学生向けのイベントとして、年間を通じて、日本文化・歴史・自然等に触れていただく機会として「日帰り研修」、留学生と教職員・留学生支援関係者との交流親睦をはかるために「学生国際交流会」などを開催しています。
                  日本語授業については、留学生を対象とした正規の日本語科目のほかに、日本語能力の向上を目指す留学生を対象とした日本語補講も実施しています。

                  留学生支援(日本人学生への支援)

                  本学での留学制度として大きく2つの制度があります。
                  【協定校留学】①長期留学 在学中に半年~1年間留学する制度です。留学先で修得した単位を本学の単位として認定することができます。②短期留学 夏休みや春休みなどの長期休暇を利用した研修プログラムです。プログラムによっては全学共通科目などの単位取得が可能です。
                  【認定留学】本学とパートナーシップ提携をしている日本スタディ・アブロード・ファンデーション(JSAF)のSAP留学に参加する留学です。留学期間は在学年数に加算され、取得単位の認定を受けることも可能です。
                  これらの制度を使って留学する学生に対しては、渡航前にオリエンテーションを実施し、留学に必要な情報提供を行うと同時に「大阪市立大学 危機管理ガイドブック」を配布して現地で生活する上での注意喚起等を行い、危機管理を徹底しています。経済支援として、本学独自の奨学金「大阪市立大学 夢基金」より、派遣留学生の支援として申請者に対して一時金を支給できる制度があります。また、学生からの留学相談にも随時応じています。

                  障害者支援

                  障がいのある学生への支援を行う全学的窓口として平成23年10月に「障がい学生支援室」を設置し、教員や関係部署と連携して授業の履修や学生生活の相談に応じ、学生サポートスタッフによるノートテイクやその他学習補助等の支援を行ったり、教職員を対象とした啓発研修会やサポートスタッフを対象とした講習会を実施しています。

                  就職・進路選択支援

                  【進路・就職支援】
                  本学では、就職支援室が全学的な進路・就職支援の窓口として、学生一人一人の「就職した後の成長」を見据えた支援を行っています。また、理系学部では学科ごとに別途選任された就職担当教員が専門分野に応じた指導を行っています。

                  【全学的な支援業務】
                  ◎就職ガイダンスの実施
                  (実施内容)就職活動の基礎知識、自己分析の考え方、業界・企業研究の進め方、適性検査の基礎知識、エントリーシートの考え方、マナー講座、ディスカッション講座、面接対策など
                  ◎企業・業界研究セミナー、学内企業セミナー等の開催
                  企業や官公庁の担当者やOB/OGを招き、様々なセミナーを開催しています。(年間開催日数70日以上、参加企業及び団体は延べ900以上)                                                                                 ◎個別相談
                  キャリアコンサルタント資格保持者や職務経験豊かなスタッフによる本人の特性や希望に応じた進路・就職相談を行っています。

                  課外活動

                  クラブ活動の状況

                  スポーツ系、文化系、音楽系などの多種多様な200を超えるクラブ・サークルが、学内学外を問わず活発に活動しています。

                  ボランティア活動の状況

                  平成22年1月に設置した市大ボランティア資料室は、学生スタッフ、加盟団体サークルを始めとした学生の協力により平成23年1月に「大阪市立大学ボランティアセンター」として新たに開設されました。
                  大阪市立大学ボランティアセンター(通称:「ボラカフェ」)ではボランティアに関する資料を掲示・配架しています。また、学生スタッフにより、ボランティアを希望する学生にボランティアに関する情報を提供し、学生のサポートを行っています。

                  学生寮一覧

                  学生寮の有無