ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  工学部

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  費用及び経済的支援

                  授業料、入学料、その他の徴収費用

                  授業料入学料その他の徴収費用(宿舎費用、教材購入費、施設利用料など)
                  535,800円282,000円約110,000円(4年間合計)

                  授業料、入学料、その他の徴収費用(費用に関する説明)

                  費用に関する説明
                  授業料授業料(学部学生、大学院生等)は、前期、後期とも、納入期限内に、口座振替又は銀行振込(新入生等)により納入していただくことになります。
                  なお、免除、徴収猶予する制度があります。詳しくは以下のサイトをご覧ください。
                  http://www.ibaraki.ac.jp/collegelife/campus/exemption/index.html
                  入学料納入時期は入学手続き時です。 (詳しくは、本学から送付される入学手続き案内書をご覧ください。)
                  ※入学料の額が改定された場合には、改訂後の新入学料が適用されます。
                  ※免除、徴収猶予する制度があります。詳しくは以下のサイトをご覧ください。
                  http://www.ibaraki.ac.jp/collegelife/campus/exemption/index.html
                  その他徴収費用
                  (宿舎費用、教材購入費、施設利用料など)
                  大学では学生自らが目標を持って年度ごとに時間割をつくるため、それぞれが履修する授業科目とその科目数によって、必要となる教材購入費は個々に異なります。以下のリンク先の表は、卒業するために必要な最小限の単位数を取得した卒業生をモデルとした教科書購入費用の例示です。
                  http://www.ibaraki.ac.jp/common/pdf/generalinfo/h27kyouzai_2.pdf

                  学納金の延納・分納の可否

                  学納金の延納 学納金の分納

                  休学及び復学に係る費用

                  休学時納付金休学時納付金(復学時返還の有無)休学時納付金(返還額)

                  休学及び復学に係る費用(費用に関する説明)

                  休学の許可を受けた者は、休学期間中の授業料は免除となる。なお免除額は次の算式により算定した授業料の額とする。ただし、その休学を申請した日が授業料の各期ごとの納入期限後の日であるときは、当該期分の授業料の全額を徴収する。

                  授業料年額×休学当月の翌月(休学の開始が月の当初にある場合は休学当月)から復学当月の前月までの月数/12

                  奨学金

                  制度名受給資格支給枠支給金額
                  ウエルシア薬局育成奨学金

                  本学の学生で学部2年次以上の者(大学院生、専攻科生を含みます。)で、介護・医療・福祉・健康・美容・スポーツ関係を目指し、将来、茨城地域で活動できる見込みの学生に対し、選考の上、給付します。本学の学生で学部2年次以上の者(大学院生、専攻科生を含みます。)で、介護・医療・福祉・健康

                  続きを読む...

                  1年間に5人程度1年間に5人程度

                  年額20万円以内年額20万円以内

                  鴨志田邦明奨学金

                  本学の学部生、大学院生(留学生を除きます。)で申請前半年以内の家計急変により学業の継続が著しく困難と認められた場合に選考の上、給付します。本学の学部生、大学院生(留学生を除きます。)で申請前半年以内の家計急変により学業の継続が著

                  続きを読む...

                  1年間に5人程度1年間に5人程度

                  年額30万円以内年額30万円以内

                  茨城大学成績優秀学生奨学金

                  本学4年次学生及び3年次学生を原則とし、学業成績、人物共に優れている者に対し、各学部の定める基準により選考の上、給付します。本学4年次学生及び3年次学生を原則とし、学業成績、人物共に優れている者に対し、各学部の定め

                  続きを読む...

                  茨城大学経済支援奨学金

                  本学の学部、大学院及び専攻科に在学する学生(留学生を除きます。)で、学資負担者の経済状況が急変し、学業継続が困難であると認められた場合に、選考の上、給付します。本学の学部、大学院及び専攻科に在学する学生(留学生を除きます。)で、学資負担者の経済状況が

                  続きを読む...

                  半期18万円半期18万円

                  茨城大学学研災等保険料給付金

                  本学の学部、大学院及び専攻科の新入生で、入学料の免除を申請し、経済的支援を必要とする者。本学の学部、大学院及び専攻科の新入生で、入学料の免除を申請し、経済的支援を必要とする者。

                  1年間に100人程度1年間に100人程度

                  学種ごとの当該保険料額学種ごとの当該保険料額

                  茨城大学TOEIC(IP)テスト受験経費給付金

                  本学の学部第1学年入学者で、入学料の全額免除が許可された者本学の学部第1学年入学者で、入学料の全額免除が許可された者

                  1年間に10人程度1年間に10人程度

                  当該受験経費相当額当該受験経費相当額

                  授業料減免

                  制度名減免資格対象人数減免額
                  入学料免除(全額または半額)

                  大学院・特別専攻科生については1・2・3・4、学部生については2・3・4のいずれかに該当する者
                  1.研究科又は特別専攻科に入学する者のうち経済的理由によって入学料の納入が困難であり、かつ学業優秀と認められる場合
                  2.入学前1年以内において、学資負担者が死亡し、又は入学する者若しくは学資負担者が風水害等の災害を受けたことにより、入学料の納入が著しく困難であると認められる場合
                  3.上記2に準ずる場合であって、学長が相当と認める事由がある場合
                  4.平成23年3月に発生した東日本大震災及び福島第一原子力発電所事故、及び平成23年3月以降に指定された災害救助法適用地域における災害の影響により入学料の納入が著しく困難な場合も審査の対象とする。
                  大学院・特別専攻科生については1・2・3・4、学部生については2・3・4のいずれかに該当す

                  続きを読む...

                  全額:282,000円 半額:141,000円全額:282,000円 半額:141,000円

                  授業料免除(全額または半額)

                  1.経済的理由により授業料の納入が困難であり、かつ、学業優秀と認められる場合
                  2.在学生は申請6ヶ月以内(新入生に対する入学した日の属する期分の免除に係る場合には、入学前1年以内)において、学資負担者が死亡し、又は入学する者若しくは学資負担者が風水害等の災害を受けたことにより、授業料の納入が著しく困難であると認められる場合
                  3.その他やむを得ない事情があると認められる場合
                  4.平成23年3月に発生した東日本大震災及び福島第一原子力発電所事故、及び平成23年3月以降に指定された災害救助法適用地域における災害の影響により授業料の納入が著しく困難な場合も審査の対象とする。
                  1.経済的理由により授業料の納入が困難であり、かつ、学業優秀と認められる場合
                  2.在学生は

                  続きを読む...

                  全額:535,800円 半額:267,900円全額:535,800円 半額:267,900円