ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  総合人間自然科学研究科(農学専攻・修士)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育研究上の目的と3つの方針

                  学部・研究科等ごとの目的

                  【総合人間自然科学研究科として(全専攻共通)】
                   学術の理論及び応用を教授研究し、その深奥をきわめ、諸学術の進歩と人類福祉の向上に寄与すること、及び高度の専門性が求められる職業を担うために深い学識と卓越した能力を培い、文化の進展と社会の発展に貢献することを目的とします。

                  【農学専攻(修士)の目的】
                   森林・耕地・海などの多様で豊かなフィールドを背景にして、第一次産業の高度化、林業・林産業の活性化、水産資源の育成・管理、第一次産業の基盤整備、防災、環境修復・保全、機能性食品等の分野の発展等に寄与し、高度な専門教育を実践することを目的とします。

                  入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

                   本学修士課程農学専攻では、その設置理念・目的に基づき、以下のような人を求めます。

                  【知識・理解】
                  幅広い一般教養の知識および専門の農学関連分野の知識を有している。
                  持続可能な社会・産業や循環型社会の概念、環境保全の基本理念を修得している。

                  【思考・判断】
                  現時点の動向から将来を考える能力を有している。
                  多面的な物事の考え方を持つための素養を有している。

                  【関心・意欲】
                  科学技術の進歩や人間の営為が自然環境や社会環境に与える影響の多面性・多様性を理解している。
                  科学者や技術者の責任と役割を自覚したうえで、社会との繋がりを構築する意欲を有している。

                  【技能・表現・態度】
                  問題発見、計画の立案、データの収集と整理、成果の提示、異なる意見にも配慮した解決策の提案等の能力を有している。
                  日本語による表現力、外国語によるコミュニケーション能力、プレゼンテーション・ディベート能力を修得している。
                  多様な文化や背景を理解したうえで、様々な人と円滑な意見交換ができる能力を有している。

                  続きを読む… 折り畳む

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                   農学専攻の専門科目を深く学ぶ「主専攻履修」と、基礎となる農学分野の履修に軸足をおきつつ、文理融合科目に取り組む「準専攻履修」(黒潮圏総合科学準専攻)の2つの履修システムから履修方法を選択できる。また、高知大学のフィールド特性を活かした横断的科目群「副専攻プログラム」を、目的に応じて履修できる。
                   このように、高度で専門的な幅広い知識を学生が自律的かつ継続的に修得可能な教育体制を構築するとともに、自発的・積極的な学習への取り組みが可能な機会を提供している。最終的には、様々な種類の課題に対応できる、高度な知識と技術を併せ持つ高度専門職業人、高度ジェネラリスト、および研究者の育成を図るものである。

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  【知識・理解】
                   農学分野に関連する自然科学や社会科学等について、高度で専門的な知識を修得している。 
                   
                  【思考・判断】
                   持続可能な資源循環型の社会の実現を目指し、食糧、資源、環境に関する諸問題を社会から抽出し、論理的思考を踏まえた考察により、有効な対策を提案することができる。  

                  【関心・意欲】
                   自然や人間社会の多面性・多様性を理解したうえで、自発的かつ積極的に自らの培った高度な専門知識を社会のために活かす行動を実行することができる。  

                  【態度】
                   専門とする分野における最新の知識や技能を学び続ける意欲を持つとともに、個人あるいは組織として社会や自然に対して負うべき責任について理解することができる。  

                  【技能・表現】
                   豊かな人間性とコミュニケーション能力を使い、広く国内外に高度な専門知識に基づいた研究成果を明確かつ的確に発信することができる。

                  続きを読む… 折り畳む