ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  生命環境科学研究科(博士課程(一貫後期))

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育研究上の目的と3つの方針

                  学部・研究科等ごとの目的

                  生命科学と環境に関する専門分野の深い知識と研究能力、研究技術をもち、一方で、生命、人間、これらを取り巻く基盤である地球、自然環境、社会環境を幅広い視点でとらえ、独創的な発想で研究課題を発掘し、課題を解決する能力を持つ研究者と大学教員、高度専門職業人を養成します。
                  ⇒専攻の人材養成目的については「大学院スタンダード」の生命環境科学研究科環境バイオマス共生学専攻のページをご覧ください。
                  http://www.tsukuba.ac.jp/education/gstandard.html

                  入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

                  ■求める人材
                  現在、地球温暖化をはじめとする環境問題、生物多様性の保全、人類社会の持続的発展などの諸問題への解決が社会から強く求められている。これらの課題の解決には、地球と生命と環境に関わる基礎、応用、そして文理融合型の学際分野におよぶ幅広い研究基盤と国際的視野を兼ね備えたアプローチが不可欠である。地球科学、生物・生命科学、農学・生物資源科学、環境科学、バイオ産業科学分野に興味を持ち、好奇心と意欲があり、情熱をもって勉学に取り組む学生を求める。特に高いモチベーションをもって将来研究者を目指す人材、社会や企業においてリーダーシップを発揮する意欲のある人材を求める。

                  ⇒各専攻の求める人材及び入学者選抜方針等の詳細については生命環境科学研究科の大学院案内リーフレットをご覧ください。
                  http://www.tsukuba.ac.jp/admission/graduate/admission_policy.html

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  バイオマスを主体とした再生可能エネルギー資源と水環境およびこれらを同時並行・調和的に取り組む教育研究を実施しています。

                  ⇒筑波大学では、各研究科・専攻における学位ごとの教育課程編成・実施の方針を定めています。詳しくは「大学院スタンダード」の生命環境科学研究科環境バイオマス共生学専攻のページをご覧ください。
                  http://www.tsukuba.ac.jp/education/gstandard.html

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  筑波大学では、各研究科・専攻における学位ごとの学位授与の方針を定めています。詳しくは「大学院スタンダード」の生命環境科学研究科環境バイオマス共生学専攻のページをご覧ください。
                  http://www.tsukuba.ac.jp/education/gstandard.html