ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  人文社会科学研究科(博士課程(前期))

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育研究上の目的と3つの方針

                  学部・研究科等ごとの目的

                  人や社会の営み、人と社会の関係の考察・分析に係わる人文社会科学の基礎研究において優れた能力を有し、学問の進展や社会的要請の変化に応じて人類の知の継承に貢献し得る人材、またグローバル化の展開に伴う地球規模の課題や社会的課題に果敢に挑戦し、人間の存在や人と社会との関係において望ましいあり方を構想し得る独創性と柔軟性を併せもつ研究者・教育者、社会的課題に対応する高い専門性と実務能力を有する高度専門職業人を養成します。

                  ⇒専攻ごとの人材養成目的については「大学院スタンダード」の人文社会科学研究科各専攻のページをご覧ください。
                  http://www.tsukuba.ac.jp/education/gstandard.html

                  入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

                  各専攻の求める人材については、「大学院スタンダード」の人文社会科学研究科各専攻のページをご覧ください。
                  http://www.tsukuba.ac.jp/education/gstandard.html

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  国際化・グローバル化の展開に伴う社会的・地球規模の課題に対し、既存の専門の枠を乗り越えた学際的な枠組みが求められ領域において、関連の基礎的素養の涵養とともに、高度の専門的知識と方法論、問題解決能力を修得するよう組み立てています。現代語・現代文化専攻は、分野横断的な教育研究を通じて、文化現象への多元的アプローチと文化の根底を成す言語行為へのアプローチを体系的に教授します。国際公共政策専攻は、国際関係、政治学、社会学に関連する高度の専門性と学際性を備えた教育を通じて、高い研究能力や国際公共政策の実践に必要な問題解決能力を養います。学際・学融合型の国際日本研究専攻は、現代日本を国際的な比較や交流の視点から解明する能力と世界への発信能力を養うとともに、現代日本語教育を担う人材の育成を目的とした教育課程が敷かれています。国際地域研究専攻は、学際性・国際性に基づく教育の下で、地域や国の内在的な理解と、地域横断的な現象の分析に必要なアプローチと問題課題に対応した実践力を養います。

                  ⇒筑波大学では、各研究科・専攻における学位ごとの教育課程編成・実施の方針を定めています。詳しくは「大学院スタンダード」の人文社会科学研究科各専攻のページをご覧ください。
                  http://www.tsukuba.ac.jp/education/gstandard.html

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  筑波大学では、各研究科・専攻における学位ごとの学位授与の方針を定めています。詳しくは「大学院スタンダード」の人文社会科学研究科各専攻のページをご覧ください。
                  http://www.tsukuba.ac.jp/education/gstandard.html