ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  工学府(博士課程(後期))

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育研究上の目的と3つの方針

                  学部・研究科等ごとの目的

                  大学院重点化された基幹大学の教育組織として,我が国の工業技術を先導する大学院教育の中核的拠点を目指し,専門性と総合性を重視した実践的な教育を行うことを基本(目的)としています。
                  そのため,本学府は,「九州大学教育憲章」に則り,課題探求・課題解決能力の育成,先端的な創造性能力の開発を柱とした教育により,人類社会の持続的発展に貢献する高度な専門的・総合的能力を有する人材を養成することを達成目標としています。

                  入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

                  教育理念
                   工学部においては、工学の基礎知識に加えて、幅広い教養と倫理観及び国際的視野を併せ持ち、「人類の持続的発展」を究極の基本理念としながら、工業・科学技術を先導し、産業・研究・教育・行政などの分野で社会に貢献できる技術者・教育者などの人材の育成を目的としています。
                   そのために、工学部では、上記の基本理念にそって国内のみならずグローバルな視点から工学・科学技術の種々の分野でその発展に貢献したいという強い意欲と適性を持った学生を受け入れます。

                  入学者選抜の基本方針
                   入学者の選抜は、大学入試センター試験の成績、個別学力検査などの成績および調査書の内容により行います。個別学力検査は、一般入試(前期日程)(第3志望まで可)と一般入試(後期日程)(第1志望学科のみ)で行われます。入試科目などの選択に関する詳しいことは、募集要項をご覧下さい。

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  工学府には,化学システム工学専攻,材料物性工学専攻,物質創造工学専攻,物資プロセス工学専攻,建設システム工学専攻,都市環境システム工学専攻,海洋システム工学専攻,地球資源システム工学専攻,エネルギー量子工学専攻,機械科学専攻,知能機械システム専攻および航空宇宙工学専攻の12専攻を置き,教育研究を通してエネルギー・物質・環境・システムに関する深い専門知識と探求創造能力を教授育成するとともに,高い倫理感と国際性をもって工学に携わる研究者・技術者・教育者を組織的に養成します。
                  本学府では,この目標を達成するため,以下のような教育を行います。
                  ・ 基礎から応用にわたる高度な専門知識についての体系化された教育
                  ・ 哲学,倫理,政治,経済,国際関係等に関する広い知識教育
                  ・ 豊かな人間性,課題探究・解決能力,創造性を育む教育

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)