ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  環境理工学部

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育研究上の目的と3つの方針

                  学部・研究科等ごとの目的

                  本学部は,広く環境理工学に関する知識を授け,深く専門の学芸を教授研究して,知的,道徳的,創造的及び応用的能力を有する人材を育成することを目的とする。

                  入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

                  求める人材
                  1.人間社会や自然界を取り巻く環境問題に対して強い関心があり,持続可能な社会の構築に貢献したいと考えている人
                  2.環境問題解決のために必要な専門知識や技術を修得し,問題解決に主体的に取り組む意欲をもっている人
                  3.他者と積極的にコミュニケーションを図ることができ,互いに協力しながら的確に行動できる人
                  4.国際水準の英語力を身につけ,グローバルに活躍したいと考えている人
                  5.高等学校卒業レベルの幅広い基礎学力をもつとともに,環境理工学部における学習に関連する科目(数学,理科,英語)に関する理解力と論理的思考による応用力を備えている人

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                   環境理工学部は、環境数理学科、環境デザイン工学科、環境管理工学科、環境物質工学科の4学科から構成されています。本学部では、地球規模で拡大する環境問題に対処し、持続可能な社会を構築するため、学際的な幅広い知識を身につけ、自然と人間が調和した豊かで快適な環境の創造に貢献する人材の養成を目的としています。このため、本学部ディプロマポリシーに掲げた学士力(人間性と洞察力に富む幅広い教養、幅広い知識に支えられた深い専門性、問題解決のための情報収集・発信能力、コミュニケーション能力とそれを活かした行動力、生涯に亘って学習し向上する能力)を修得することができる体系的なカリキュラムを編成しています。
                   環境学の基礎を学ぶために、1,2年次に履修する学部共通の専門基礎科目の中に環境科学系科目を設けています。専門科目では、各学科の専門領域の根幹をなす理論と技術に重点を置き、1年次から年次が進むにしたがい専門性を高め、教育の量と幅を広げています。4年次の卒業研究では、ゼミナールを重要視し、新しい発想を生み出し、発展させるための素養の醸成、得られた成果を効果的に情報発信するための技術の修得を目指します。このように、本学部では、教養教育、外国語教育、基礎科学系および環境科学系専門基礎教育、専門教育を有機的に結び付けた4年一貫の教育プログラムを提供しています。

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                   環境理工学部は、地球規模で拡大する環境問題に対処し、持続可能な社会を構築するため、学際的な幅広い知識を身につけ、自然と人間が調和した豊かで快適な環境を創造する能力を持つ人材の養成を行っている。
                   この理念に基づく環境理工学部ディプロマポリシーは、学生が本学部を卒業するにあたって以下の学士力を習得したことを保証するものである。

                  人間性と洞察力に富む幅広い教養 【教養】
                   人間社会と自然界の調和などの多様な問題に対して関心を持ち、問題解決に向けての論理的思考力・判断力、今までの考え方・手法にとらわれない創造力を有し、人間性や倫理観に裏打ちされた学際的な教養を身につけている。

                  幅広い知識に支えられた深い専門性 【専門性】
                   専門分野の知識・技術などを身につけ、さらに専門の枠を越えた広範な科目を修得し、それによって多面的な観点から環境問題に取り組むことができる。

                  問題解決のための情報収集・発信能力 【情報力】
                   環境問題を広く、そして深く考える視点に立ち、必要に応じて自ら情報を収集・分析し、それを問題解決に活かす能力を有するとともに、効果的に情報発信することができる。

                  コミュニケーション能力とそれを活かした行動力 【行動力とコミュニケーション能力】
                   国際感覚や外国語能力と共に、様々な専門分野との学際的協力が行えるコミュニケーション能力を有し、地球規模から地域社会に至る環境問題などの解決のために的確に行動できる。

                  生涯に亘って学習し向上する能力 【生涯学習能力と自己実現力】
                   自立した個人として日々を享受する姿勢を一層高め、生涯に亘って自主的、継続的に学習を続け、持続可能な社会の実現への取り組みを通して自己の成長を追求できる。

                  続きを読む… 折り畳む