ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  経済学部(夜間主)(夜間)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  経済学科 4年 学士(経済学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  夜間主コースでは、総合経済コースを設定し、広く社会人及び勤労青年を対象とする生涯学習並びにリカレント教育に取り組んでいます。今日の社会は大きく変貌しつつあり、多様で新しい知識・技術並びに職業の分野が次第に顕在化してきています。このような状況の中で、大学に対する社会のニーズも、極めて多様化しつつあります。こうした新しい時代の要請に対応するため、このコースのカリキュラムでは、専門知識を深めることに加えて、個々の学生のニーズに応じて幅広い領域の科目を受講できるよう配慮されています。

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  香川大学の学士課程を修了し、本学が送り出す学士・21世紀市民として保証する最低限の基本的な項目が定められており、経済学部の学位授与方針は以下のとおりです。

                  ◇言語運用能力
                  ・日本語の言語表現を適切に理解し、自らの見解を文章や口頭でわかりやすく発信することができる。
                  ・一つ以上の外国語について、読み、書き、聞き、話すための基礎的な能力を身につけている。

                  ◇知識・理解(学士(経済学)及び21世紀型市民として)
                  ・経済学の概念と法則を理解している。
                  ・経営学の概念と考え方を理解している。
                  ・人類の文化および社会についての幅広い知識を身につけている。

                  ◇問題解決・課題探求能力
                  ・経済経営に関わる定量・定性データを適切な手法を用いて分析し、課題を探求することができる。
                  ・経済経営に関わる諸問題には複数のアプローチがあり得ることを認識し課題に取り組むことができる。
                  ・地域社会の現状と課題に関心を持ち、自己と関連づけて問題を発見し、探求することができる。

                  ◇倫理観・社会的責任
                  社会において自己が果たすべき役割や、市民としての責任ある行動について理解している。

                  ◇地域理解
                  地域社会の現状と課題に関心を持ち、自己と関連づけて問題を発見し、探求することができる。

                  続きを読む… 折り畳む

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野