ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  教育学研究科(修士課程)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  臨床心理専攻 2年 修士(教育学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                   臨床心理専攻では、学校教育制度・教師の役割のみならず、学校教育のあり方や児童生徒の問題の地域特性にも配慮し、教師及び地域の関係機関の専門家と協働して活躍できる、高度な専門性と実践力を身につけた臨床心理の専門家の養成を目指します。 そのために、カリキュラムを「臨床心理学の理論と実践科目群」「学校臨床の理論と実践科目群」「臨床心理地域援助の理論と実践科目群」の3科目群から編成します。各科目群において、必修の実習・演習を配当し、理論と実践の往還の中で専門性を身につけて行くことを目指します。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                   臨床心理専攻では、学校教育制度・教師の役割のみならず、学校教育のあり方や児童生徒の問題の地域特性にも配慮し、教師及び地域の関係機関の専門家と協働して活躍できる、高度な専門性と実践力を身につけた臨床心理の専門家を養成するべく、次のような特色を持ち体系化された教育課程を編成しています。

                  1.養成する人材像を可能にするため、教育課程を「臨床心理学の理論と実践科目群」「学校臨床の理論と実践科目群」「臨床心理地域援助の理論と実践科目群」の3つの科目群により編成しました。

                  2.全ての科目群において、各科目を基礎から応用へ段階的に配当しています。さらに、理論と実践の往還の中で学びを深めるために、全ての科目群で演習と実習を設けています。「学校臨床の理論と実践科目群」においては「学校臨床心理実習Ⅰ」「学校臨床心理実習Ⅱ」を設け、学校現場における臨床実習を充実化させました。また、「スクール・カウンセリング事例研究」を必修科目として、学校臨床に重点化した教育を行います。「臨床心理地域援助の理論と実践科目群」においては、「臨床心理地域援助論」を必修の演習として設け、山陰地域の臨床心理地域援助の実践について重点を置いた教育を行います。

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                   臨床心理専攻では,2年以上在学した上,所定の単位を修得し,以下のような資質・能力を獲得した者に修士(教育学)の学位を授与します。

                  1.臨床心理の支援の実践につながる細やかな臨床心理査定能力を身につけている。
                  2.クライエントとのコミュニケーションから彼らの心の訴えを的確に聞き取る臨床心理面接能力を身につけている。
                  3.学校教育制度・教師の役割,児童生徒の問題の地域特性について知識と理解を身につけている。
                  4.教師及び地域の関係機関の専門家と協働して,個別の事例への対応に当たる連携能力を身につけている。
                  5.不登校児童等社会性・集団適応に問題を抱える児童生徒を包括的に支援する能力を身につけている。

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野