ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  教育学研究科

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  教育支援科学専攻 2年 修士(教育学)
                  教科教育専攻 2年 修士(教育学)
                  教育実践創成専攻 2年 教職修士(専門職)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  教育支援科学専攻で実施される教育を支える理念は以下の通りです。
                  1.一人ひとりの子どもたちの教育を受ける権利を保障しその成長発達のニーズに応え支援する教育実践・教育制度を探求すること。
                  2.1のような新たな教育実践を構想する力の基盤となる,教育支援科学的調査研究法の教育とそれを駆使した知見のさらなる開発を導くこと。
                  この目的を達成するために,最新の教育的な知見を内容とする「人間形成の現代的課題」2単位を課程共通必修科目として配置するとともに,各専攻・コース毎の共通必修科目として,教育支援科学専攻においては教育学・教育心理学・特別支援教育学の分野を総合した「教育支援科学研究 I・II」4単位を置き,少人数の利点を最大限に生かした手厚い指導を旨として,知見を深める専門諸科目を配置しています。

                  教科教育専攻で実施される教育を支える理念は以下の通りです。
                  1.教科の教育内容に関する専門的知識を深め,教材や授業法について開発する力を育成すること。
                  2.1の育成を確実なものにするために,各文化領域(言語文化,社会文化,科学文化,芸術文化,身体文化)における教育内容の核を構成する本質的知見を探究すること。
                  3.各領域における教材研究・授業法に関する基礎研究の進展させること。
                  この目的を達成するために,最新の教育的な知見を内容とする「人間形成の現代的課題」2単位を課程共通必修科目として配置するとともに,各専攻・コース毎の共通必修科目として,教科教育専攻においては各コース(文化領域)での文化と教育に関する概論的科目4単位を置き,少人数の利点を最大限に生かした手厚い指導を旨として,知見を深める専門諸科目を配置しています。

                  教育実践創成専攻(教職大学院の課程)で実施される教育を支える理念は以下の通りです。
                  1.地域の学校の課題に即した学校改善・授業改善の構想力・実践力を育成すること。
                  2.教育に関する高度の実践的専門性と教育実践を具体的な場でリードする力を育成すること。
                  この目的を達成するために,少人数の利点を最大限に生かした,以下の指導体制とカリキュラムを用意しています。
                  1.高度の実践的視野を拓くために必須の知見を事例中心で身につける授業科目を基本的に必修科目として配置し複数教員による指導で実施します。
                  2.地域の学校の課題に即して設定される各自の実習課題を「学校・授業改善プロジェクト」(実習)と位置づけ現職教員大学院生・学部卒大学院生および実務家教員・研究者教員が課題を共有し相互に検討しつつ一体となって取り組みます。そのために,山梨県教育委員会をはじめ各市・
                  町教育委員会,および山梨県内の連携協力校との連携を強化しています。

                  続きを読む… 折り畳む

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  ○修士課程 ( 教育支援科学専攻・教科教育専攻 )

                  子どもを取り巻く社会状況が大きく変化し続ける現在、多様化する教育問題に対処できる実践的な対応力と専門的な力量を持ち、併せて地域・文化の向上に寄与できる研究者および職業人の養成を目的とする大学院です。

                  【教育支援科学専攻】
                  一人ひとりの子どもたちの教育を受ける権利を保障しその成長発達のニーズ(必要)に応え支援する教育実践・教育制度を探求し新たな教育実践を構想する力の基盤となる、教育支援科学的調査研究法とそれを駆使した知見の開発の進展と教育を期します。
                  教育学、心理学、幼児教育学の分野では、学校教育に関わる諸問題について理論的・実践的な研究を深めるとともに、関連諸科学との有機的なつながりを図りつつ、生涯発達・ 生涯学習という視座から人間の発達、形成を捉え、教育の本質とその現代的・将来的な課題を探求し得る高度な専門性をもった有為な人材の育成を図ります。
                  障害児教育学、障害児心理学、障害児生理及び病理学に関する専門的研究を深めるとともに、障害児教育を取り巻く社会的・制度的諸問題についても、その課題解決の具体的方策について理論的・実践的に究明し、障害児教育についての高度な研究と実践に必要な専門的能力の形成を図ります。
                   主な開講授業科目
                  教育支援科学研究I、教育支援科学研究II、比較教育学特論、教育心理学特論、保育実践特論、障害児生理学特論、知的発達障害学特論、発達障害学特論

                  【教科教育専攻】
                  教科の教育内容に関する専門的知識を深め教材とそのシークエンスおよび授業法につい て開発する力を育成するために、文化特性に応じて、各文化領域における教育内容の核を構成する本質的知見および教材研究・授業法に関する基礎研究の進展とその教育を期します。

                  (言語文化コース)
                  国語学、国文学、漢文学、書道の各分野について専門的研究を深め、国語科教育学の理論的・実践的研究を行い、両者を視野においたより高度な国語教育の理論と実践についての教育・研究を行います。
                  英語学、英米文学の各分野における高度に専門的な研究を基盤に据え、さらに、ヨー ロッパ文化の分野における幅広い科目の選択によってその深化を図りつつ、これらを英語科教育学の立場から総合的に把握させ、英語教育の進展に寄与し得る指導的人材を養成します。
                   主な開講授業科目
                  言語文化教育学研究Ⅰ・II、国語科教育学特論Ⅰ・Ⅱ、古典文学特論Ⅰ・Ⅱ、近代文学特論、漢文学特論、中国語学特論、書写・書道特論、英語科教育学特論I・II、英語学特論I・II、英米文学特論I・II・Ⅲ・Ⅳ、フランス文化特論、ドイツ文化特論

                  (社会文化コース)
                  社会科教育学、歴史学、地理学、政治学・法律学、経済学、社会学、哲学・倫理学の専門的研究を深めるとともに、これらの研究との有機的関連を図りながら、社会科教育を理論的・実践的に究明する高度な専門的能力の育成を図ります。
                  家庭科教育学、食物学、被服学、住居学、保育学、家政一般に関する専門的研究を通して、人間生活の諸問題を深く究明し、併せて家政教育の高度な専門的能力の育成を図ります。
                   主な開講授業科目
                  社会文化教育学研究、社会科教育学特論、哲学特論、経済史特論、家庭経営学特論、被服学特論、食物学特論、等々

                  (科学文化コース)
                  代数学、幾何学、解析学の研究によって数学の専門的能力を高め、数学科教育学のよ り深い研鑚と併せて、数学教育における理論的・実践的諸問題を深く究明します。 理科教育の基盤である教育に関する諸科学及び理科教育学、物理学、化学、生物学、 地学の専門的研究を深めるとともに、理科教育の理論的・実践的諸問題を究明・解決できる高度な専門的能力の形成を図ります。
                  技術科教育学、電気、機械に関する理論的・実践的研究を深め、人間と自然環境及び技術との本質的な関係の追及を通して、技術教育の高度で専門的な理論的・実践的能力の形成を図ります。
                   主な開講授業科目
                  科学文化教育学研究I・II、数学科教育学特論、代数学特論、解析学特論I・II、幾何学特論、理科教育学特論、物理学特論I・II、化学特論I、II,生物学特論I・II、地球科学特論I・II・III、技術科教育学特論I・II、電気・電子工学特論、電子情報特論、機械工学特論、材料加工学特論

                  (芸術文化コース)
                  音楽科教育学、器楽、声楽、作曲・指揮法、音楽学の諸研究を深めるとともに、それらの専門的能力を基盤として、音楽教育の高度な理論的・実践的能力の形成を図ります。
                  美術科教育学、絵画、彫刻、デザイン、工芸、美術理論・美術史に関する専門的理解を基盤としてこれらの研究を通しての美術教育の理論と実践を統合的かつ専門的に研究する能力の形成を図ります。
                   主な開講授業科目
                  芸術文化教育学研究、音楽科教育特論、器楽特論、声楽特論、作曲特論、音楽学特論、絵画特論、彫刻特論、デザイン特論、工芸特論、美術理論・美術史特論

                  (身体文化コース)
                  保健体育科教育学、体育学、運動学、学校保健における教育・研究を総合的に発展させ、保健体育に関する理論の確立と、高度な専門性を備えることにより、学校及び地域の体育・スポーツ・保健に貢献できる専門的・実践的能力の統一的形成を図ります。
                   主な開講授業科目
                  野外運動学特論、舞踊学特論、保健体育科教育学特論、健康科学特論、健康管理学特論、体育学特論、スポーツ運動学特論


                  ○教職大学院の課程 ( 教育実践創成専攻 )

                  地域の学校の課題に即した学校改善・授業改善

                  教育実践創成専攻(教職大学院)は,地域の学校の課題に即した学校改善・授業改善の構想力・実践力を育成するとともに、教育に関する高度の実践的専門性と教育実践を具体的な場でリードする力の育成を目的としています。

                  本教職大学院の第一の特長は、入学定員が14名と全国最小の規模で、専任教員が11名と親密で手厚い指導を行っていることです。授業は、複数教員の共同指導で、高度な実践的視野を拓くために事例を通した講義・演習です。

                  第二の特長は、山梨県の教育課題に即した実習を行っていることです。小学校、中学校、特別支援学校、幼稚園と様々な校種の連携協力校が山梨県内に45校あります。この連携協力校では、学校や大学院生の研究課題に即した実習が200時間以上行われます。

                  第三の特長は、現職教員大学院生、学部卒大学院生、実務家教員、研究者教員が一堂に会して、課題を共有し相互に検討するプロジェクト会議を行っていることです。プロジェクト会議は、実習での課題を全体で話し合います。

                  続きを読む… 折り畳む

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  教育学研究科では,「教育実践に関わる学術諸分野と教育科学の統合的・学際的な教育・研究を行
                  うことにより,現代の複雑化する教育 諸問題に対処できる高度な識見と実践力を有し,併せて地域
                  文化の向上に寄与できる専門的能力を備えた専門職の養成」を,研究科の教育目的としています。
                  このため,以下の専門知識・スキル等を身につけ,専攻ごとに示された要件を満たす学生に,次の
                  学位を授与します。
                  ○教育支援科学専攻:修士(教育学)
                  ○教科教育専攻:修士(教育学)
                  ○教育実践創成専攻:修士(専門職)
                  ≪修了生が備えるべき専門知識・スキル≫
                  〇 人や社会への関心
                  日本や世界の子どもおよび教育の,現状や諸課題に関する幅広い教養を身につけている。
                  〇 他者との協働
                  問題解決に向けて,他者の意見を理解しながら他者と協働して,課題に取り組める。
                  〇 教職への熱意
                  教育に関する情熱と使命感と倫理観をもち,教育活動に積極的かつ探究的な態度をもって取り組める。
                  〇 教職教養
                  学校教育の理念や意義などに関する専門的な知識や研究の技法を習得している。
                  〇 子ども理解
                  子どもたちの発達段階や意思等を探究的に分析し理解した上で,適切に接することができる。
                  〇 授業力・実践的技能
                  子ども理解に基づき指導計画を作成して,授業を適切に展開でき,自らの実践を分析・省察できる。
                  〇 教科等の専門教養
                  教科・領域や教育課程等に関する専門的な知識や研究の技法を習得している。
                  〇 持続的変態力
                  教師として学び続ける探求心と,教育的な諸課題を研究する技法を身につけている。

                  続きを読む… 折り畳む

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部可0円

                  転学部・編入学情報補足

                  教職大学院の課程(教育実践創成専攻)は否

                  専攻分野

                  その他専攻分野