ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  マテリアルサイエンス研究科(博士課程(前期))

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  マテリアルサイエンス専攻 2年 修士(マテリアルサイエンス)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                   本学は、先端科学技術分野に係る専門知識はもとより、基礎概念を十分に理解し、問題を発見し解決できる能力と幅広い関連分野の先端的な専門知識を体得できる能力とを身につけた研究者、技術者の養成を図るため、階層化した、複数の専門領域からなる、体系的な教育課程を編成する。また、学生1人につき、3人の指導教員により教育・研究指導が行われる複数教員指導制を採る。

                   博士前期課程では、一つの専門に偏ることなく、先端科学技術分野において幅広い基礎を理解し、問題解決に応用できる能力、先端科学技術分野の専門的知識のみならず、国際的に活躍できるだけの教養、グローバルコミュニケーション能力、高い倫理観、与えられた問題を解決する能力を獲得できるようにする。

                  【先端領域基礎教育院】
                   高度な教養、高い倫理性や多様な文化に対する理解力、国際的な場で活躍できるコミュニケーション能力、自らの専門性を社会に位置付ける能力を獲得できるようにする。

                  【マテリアルサイエンス研究科】
                   マテリアルサイエンスに関する基礎から最先端にいたる学術内容を体系的に理解しつつ、最新の実験設備を用いた実験法も修得しながら、最先端の科学技術の発展に寄与し得る基礎力を獲得できるようにする。
                   物理、化学、生物という広範な学問分野を統合した優れた教育研究環境の下で、基礎から応用までを包括する最先端の教育研究を行い、マテリアルサイエンスの発展を支える高度の知識と応用力、幅広い視野と的確な判断力、高度のコミュニケーション能力、問題発見能力と問題解決能力を備えた研究者及び高度専門技術者を養成する。

                  【以下の内容は先端科学技術研究科のカリキュラムポリシーとなります】
                   本学は、先端科学技術分野の基礎概念を理解し、その上で専門知識を活用する能力、多様な文化に対する理解力とコミュニケーション能力及び高い倫理観を持ち、自らの専門性を社会で活用する視点を持ちつつ、幅広く関連分野を俯瞰して問題を発見し解決できる研究者、高度専門技術者を育成し、社会や産業界のリーダーとなる能力を養う。この目的に則して、各学位に対応し階層化された体系的な教育課程を編成する。

                  [博士前期課程]
                   博士前期課程では、一つの専門に偏ることなく先端科学技術分野の基礎概念の理解を促進し、問題解決に専門知識を応用できる能力、多様な文化に対する理解力とコミュニケーション能力及び高い倫理観を養う教育課程とする。

                  続きを読む… 折り畳む

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  本学HPを参照してください。

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  [博士前期課程]
                   本学は、独自の教育システムに基づいた組織的な講義体系・研究指導体制を定めている。
                   「修士」の学位は、先端科学技術分野において幅広い基礎を理解し、問題解決に応用できる能力、グローバルコミュニケーション能力、高い倫理観を身につけ、所定の期間在学し、所定の単位を修得し、修士論文又は特定の課題についての研究の成果の審査及び最終試験に合格した者に授与する。

                  【マテリアルサイエンス研究科】
                   マテリアルサイエンスの基礎と体系、及びそれを身につける重要性を理解するとともに、関連する研究分野の動向を探索しながらマテリアルサイエンスの諸問題を学術的に究める能力又は専門的知識・技術を有していること。

                  【以下の内容は先端科学技術研究科のディプロマポリシーとなります】
                   本学は、学生がキャリア目標に応じて異分野・融合分野を履修でき、複数の教員が異なる視点から研究指導をするなど、分野や研究室間の垣根を低くした柔軟かつ多角的な教育研究指導体制を構築し、各学位に対応して質保証された学位授与プロセスを実施する。

                  [博士前期課程]
                   「修士」の学位は、先端科学技術分野の幅広い基礎概念を理解して問題解決に専門知識を応用できる能力、特定分野での学術・社会的に価値ある専門知識・技術及び研究能力を有し、多様な文化に対する理解力とコミュニケーション能力、高い倫理観を身につけ、所定の期間在学し、所定の単位を修得し、修士論文若しくは特定の課題についての研究の成果の審査及び最終試験又は博士論文研究基礎力審査に合格した者に授与する。

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部可0円

                  転学部・編入学情報補足

                  転研究科(費用負担なし)

                  専攻分野

                  その他専攻分野