ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  数理物質科学研究科(博士課程(後期))

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  全てを表示する 折り畳む

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  数学 3年 博士(理学)
                  物理学 3年 博士(理学)
                  化学 3年 博士(理学)
                  ナノサイエンス・ナノテクノロジー 3年 博士(理学)、博士(工学)
                  電子・物理工学 3年 博士(工学)
                  物性・分子工学 3年 博士(工学)
                  物質・材料工学 3年 博士(工学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  博士後期課程では博士論文作成の研究指導に重点が置かれています。各専攻におけるセミナー等で研究計画や研究成果を発表することで複数の教員から指導を受けることができます。国内外を問わず、研究派遣による他研究室での研究指導も積極的に行われており、視野の拡大、国際性の涵養につながっています。また、専門分野の深化だけでなく、周辺領域、学際融合領域を学びその能力開拓にも対応できるよう、計算科学分野や医工学分野ではデュアルディグリー制度を開設しています。これらデュアルディグリープログラムは、計算機科学、基礎医学などの専門分野を他研究科で学びそれらの修士号を取得するコースで、幅の広い、学際領域に対応できる人材育成を目指しています。

                  ⇒筑波大学では、各研究科・専攻における学位ごとの教育課程編成・実施の方針を定めています。詳しくは「大学院スタンダード」の数理物質科学研究科各専攻のページをご覧ください。
                  http://www.tsukuba.ac.jp/education/gstandard.html

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  「大学院スタンダード」の数理物質科学研究科各専攻のページをご覧ください。

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  筑波大学では、各研究科・専攻における学位ごとの学位授与の方針を定めています。詳しくは「大学院スタンダード」の数理物質科学研究科各専攻のページをご覧ください。
                  http://www.tsukuba.ac.jp/education/gstandard.html

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部可0円

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野