ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  教育研究科(修士課程)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  スクールリーダーシップ開発 2年 修士(教育学)
                  教科教育 2年 修士(教育学)
                  教育学(国際教育)修士プログラム 2年 修士(教育学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  教育研究科の授業科目は、共通基礎科目、専門科目に大別されます。共通基礎科目では専門の近い教員が複数で担当し、教育学関連分野の基礎を学べるようにしています。必修科目と選択科目の履修方法は、スクールリーダーシップ開発専攻と教科教育専攻に属する各コースによってそれぞれ異なりますが、何れのコースおいても教育学関連分野の基礎的な方法論を学びます。そのうえで、専門的な授業が選択できるように、専門科目を配しています。
                   専門科目の履修方式も各コースによってそれぞれ異なりますが、専門としようとする分野の科目のみならず、近隣の分野の授業も履修できるようにして、教育学の幅広い専門的知識を得られるように編成しています。2年次では、修士論文作成のための時間を多く割けるように、最低履修単位数の30単位はほとんど1年次で履修させるように指導しています。

                  ⇒筑波大学では、各研究科・専攻における学位ごとの教育課程編成・実施の方針を定めています。詳しくは「大学院スタンダード」の教育研究科各専攻のページをご覧ください。
                  http://www.tsukuba.ac.jp/education/gstandard.html

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  教育研究科を修了するには、標準2年以上在学して所定の単位を修得し、必要な研究指導を受けたうえ、修士論文あるいは実践研究報告書を提出して、その審査と最終試験に合格することが必要です。
                  社会人特別選抜で入学した学生については、在職のまま大学院の正規の授業を受けられるよう、特例的履修を認めています。すなわち、特例的履修を希望する学生は、1年次で昼間に開設される科目により24単位以上(教科教育専攻)もしくは27単位以上(スクールリーダーシップ開発専攻)、2年次で夜間等に開設される科目により6単位以上(教科教育専攻)もしくは3単位以上(スクールリーダーシップ開発専攻)を履修することとしています。
                  優れた業績を上げた者については、別に定める単位数を修得し、論文審査及び最終試験に合格すれば、在学期間に関しては、1年以上在学すれば足りるものとなっています。
                  なお、現職教員1年制プログラムにおいては、その修了要件は異なっておりますので別途ご参照ください。

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  筑波大学では、各研究科・専攻における学位ごとの学位授与の方針を定めています。詳しくは「大学院スタンダード」の教育研究科各専攻のページをご覧ください。
                  http://www.tsukuba.ac.jp/education/gstandard.html

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部可0円

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野