ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  水産学研究科(修士課程)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  水産学 2年 修士(水産学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  (1) 鹿児島大学の特徴・強みを生かした修士学位に相応しい専門的知識を体系的修得させる科目を開講する。
                  【熱帯水産学国際連携コース】 海外の大学との国際連携により、熱帯水産学に関する質の高い科目を提供する。
                  (2.1) 水産学の幅広く最新の基盤的知識を修得する科目を開講する。
                  【留学生プログラム】 水産学全般を理解させる科目群を英語で開講する。
                  (2.2) 高度な水産技術者に必要な英語の運用能力を修得させる科目を開講する。
                  【熱帯水産学国際連携コース】学部レベルの水産学全般の知識や経験の英語での読み、聞き、表現できる能力を養う科目を開講する。
                  (3.1) 調査・研究プロセス修得の前提となる体験と知識が得られる科目を開講する。
                  【熱帯水産学国際連携コース】 熱帯・亜熱帯の水産業に関する理解を持ち、国際社会での協働の体験を積ませる科目を開講する。
                  【留学生プログラム】 専門領域に関連する論文を総合し、研究の手法やプロセスを理解させる科目を開講する。
                  (3.2) 実験・調査計画能力を策定する高い能力を修得する科目を開講する。
                  (3.3) 高度な調査・研究機器の利用法や調査手法を修得させる科目を開講する。
                  (3.4) 情報収集と資料整理・分析の能力を開発する科目を開講する。
                  (4) 論文作成の総合的能力を修得させる科目を開講する。
                  (5) 現場対応力・職業能力を強化する科目を開講する。【留学生対応プログラムを除く学生対象】

                  続きを読む… 折り畳む

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                   2015年度からは学部と同様に下記の5つの分野に分かれて教育を行っている。 ① 水圏科学分野(海洋環境科学及び水圏生物科学)、② 水産資源科学分野(資源生産管理学及び増養殖学) 、③ 食品生命科学分野(水産食品学及び先進資源利用科学)、④ 水産経済学分野(水産流通学および水産政策学) 、⑤ 水圏環境保全学分野(水圏環境保全学)
                   大学院での教育は、カリキュラムPDMに則って行われる。 ユニバーサルアクセスを進めるため、2015年度からは開講期のセメスター制を導入し、海外教育機関との交流を進めやすくしている。
                   熱帯水産学国際連携コースではアジアの有力な水産系大学大学院5校と教育内容を共有し、海外大学院教員の指導や英語での講義など国際的に標準化した大学院教育を提供することで、国際的通用性を有するグローバルで高度な水産人の育成を強化する。

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                   以下の目標について高い能力を持った人材を育成し、水産分野に人材を輩出(就職および博士課程進学)する。 

                  (1) 地域・国際両面の、資源・環境・食料領域で、高度な水産技術者に必要な専門的知識を体系的に習得している。(領域・内容に関する方針)
                  (2) 基礎学力があり、生涯自ら学べる力を持つ。
                   (2.1) 水産学の幅広く最新の基盤的知識を持ち、新たな取り組みへの対応力を持つ。
                   (2.2) 高度な水産技術者に必要な英語の運用能力を持つ。
                  (3) 調査・研究のプロセスを習得している。
                   (3.1) 調査・研究のプロセスを身に付けるための前提となる知識と体験を持つ。
                   (3.2) 調査・研究計画を策定する高い能力を持つ。
                   (3.3) 高度な調査・研究機器等の利用法を習得している。
                   (3.4) 情報収集と資料整理・分析の高い能力を有している。
                   (3.5) 報告書作成、プレゼンテーション能力を持つ。
                  (4) 調査・研究の結果を統合的に理解・活用し纏める能力が養われている。
                  (5) 現場対応力・職業能力が強化されている。

                  続きを読む… 折り畳む

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野