ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  薬学府(博士課程(後期))

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  医療薬科学専攻
                  創薬科学専攻

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  作薬科学専攻(後期博博士)
                  【カリキュラムの基本構造】
                  ○ 高い研究能力を養成するため、複数指導教員の指導のもと独自のテーマについて研究 を推進し、科学的思考力に基づく研究遂行能力と問題解決能力を育成する。
                  ○ 複数の教員による指導体制を通じた研究指導を実施し、研究課題をさまざまな観点か ら取り組む能力を育成する。さらに海外から招聘した教員と共同して、国際的な競争力 を持つ研究者となるための教育および研究を実施する。
                  ○ 最先端の創薬研究の現場における学びの場を提供するため、各種の研究プロジェクト や「システム創薬リサーチコアプログラム」への参加を奨励する。
                  ○ 研究成果を社会に発信するための発表を奨励する。

                  臨床薬学専攻(博士)
                  【カリキュラムの基本構造】
                  ○ 臨床上の問題点を課題とする研究テーマを設定し、研究する体制を整えている。
                  ○ 研究を行う過程では、複数指導教員の指導のもと独自のテーマについて研究を進める ことで、幅広い知識に裏打ちされた科学的思考力に基づく研究遂行能力と問題解決能 力を育成する。
                  ○ 研究成果を社会に発信するための発表を奨励する。
                  ○ 最先端の創薬研究の現場における学びの場を提供するため、各種の研究プロジェクト
                  や「システム創薬リサーチコアプログラム」への参加を奨励する。
                  ○ 医薬品開発を治験や臨床研究といった側面からサポートできる能力を育成する。

                  続きを読む… 折り畳む

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  ・創薬科学専攻(博士後期課程)において学んだ学生は、修了(学位の授与)時には以下 の目標に到達することが期待される。  
                  |1| 知識・理解
                  ○ 薬の研究開発の知識を習得している。
                  ○ 化学系薬学、物理系薬学、生物系薬学および医療系薬学の情報を理解し、論理的に
                  思考できる能力を持っている。
                  ○ 論文投稿のノウハウを理解している。
                  ○ 融合型の研究を実施するために必要な知識を持ち、また計画・立案することができ
                  る。
                  |2| 専門的な技能
                  ○ 科学的思考力に基づき、柔軟に研究を遂行する能力と問題を解決する能力を持っ ている。
                  ○ 独立心に富み、高い研究推進能力を持っている。
                  ○ 創薬科学の立場から、臨床薬学領域の研究理論および技術を習得している。 |3| 汎用的な技能
                  ○ 社会の要望に応える研究を実施するための課題の設定および解決するための実践 型の研究を実施できる。
                  ○ 専門分野以外の異なった研究分野の理論、技術および発想を取り入れた実験を実 施できる。
                  ○ プレゼンテーション能力および討論力を持っている。
                  ○ 専門分野以外の研究分野の理論、技術、発想を取り入れ独自性の高い研究を実施で
                  きる。
                  ○ 国際的に活躍できる能力を持っている。
                  |4| 態度・志向性
                  ○ 自ら主体的に研究を遂行できる研究能力を持っている。
                  ○ 医薬品開発研究者としての深い感性や高い倫理観を持っている。
                  ○ 共同研究に参画できる技能・態度を持っている。    

                   臨床薬学専攻(博士課程)において学んだ学生は、修了(学位の授与)時には以下の目 標に到達することが期待される。

                  1・知識・理解
                  ・高度な知識および技能を持った薬剤師あるいは臨床薬学研究者としての能力を持 っている。
                  ・ 生体の生理的な調節機構や疾病に対して、化学系薬学、物理系薬学、生物系薬学お よび医療系薬学に裏打ちされた知識を持っている。
                  ・ 論文投稿のノウハウを理解している。
                  ・ 創薬と臨床を融合させた研究を実施するために必要な知識を持ち、また計画・立案 することができる。

                  2・専門的な技能
                  ・科学的思考力に基づき、臨床薬学領域の研究を遂行する能力と問題を解決する能 力を持っている。
                  ・ チーム医療に参画するための知識、技能およびコミュニケーション能力を持って いる。
                  ・ 薬の専門家として、患者のみならず、医療従事者に科学に基づいた適切な提案をす るなど、医療現場で活躍できる能力を持っている。
                  ・医療、特に薬物療法についての最新情報を常に収集し、実践的に活用できる能力を 持っている。
                  ・ 臨床薬学の立場から、創薬研究の研究理論および技術を理解することができる。
                  ・ 臨床の問題点に取り組む臨床薬学研究者となる資質を持っている。

                  3・汎用的な技能
                  ・社会の要望に応える臨床領域の問題点を解決するための課題の設定および解決す るための実践型の研究を実施できる。
                  ・臨床領域のみならず、異なった研究分野の理論、技術および発想を取り入れた実験 を実施できる。
                  ・プレゼンテーション能力および討論力を持っている。
                  ・ 国際的に活躍できる能力を持っている。
                  4・態度・志向性
                  ・ 主体的に臨床研究を遂行できる能力を持っている。
                  ・ 臨床薬学研究者としての深い感性や高い倫理観を持っている。
                  ・ 共同研究に参画できる技能・態度を持っている。

                  続きを読む… 折り畳む

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野