ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  人文科学研究科(修士課程)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  言語文化 2年 修士(文学)
                  地域文化 2年 修士(文学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  信州大学大学院人文科学研究科(地域文化専攻・言語文化専攻)では、学位授与方針(ディプロマポリシー)に基づき、以下のようにカリキュラムを編成し、実施いたします。
                  柔軟な認識能力、多角的分析能力、豊かな表現力を持つ人材の養成を推進するため、地域文化専攻および言語文化専攻のいずれかの専攻に所属して、授業科目を学修する研究指導体制を構築しております。
                  以上の観点から、次の組み合わせによる教育課程を編成し、学位論文作成の指導を行ないます。

                  1.複数指導教員による組織的な教育体制と早期からの計画的な研究指導のもと、研究課題を設定し、問題発見能力を引き出す地域/文化研究指導、問題分析能力を養う地域/文化総合演習、知的柔軟性を引き出す地域/言語文化論

                  2.個々の専門領域に基づいて高度な専門性を身につけるため、自領域と他領域から選択する授業科目

                  3.プレゼンテーションを通じて表現能力を養い、社会的応用能力を高める大学院シンポジウム

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  信州大学大学院人文科学研究科(地域文化専攻・言語文化専攻)の課程を修了し、次に該当する者に学位を授与する。

                  1 問題発見能力:自身が関心を持つ問題に関わる諸要因を人文科学の視点にもとづいて探求し、柔軟な感性と創造的な論考によって学問的課題を発見する能力を有する。
                  2 問題分析能力:論理的分析や経験科学的分析の方法を修得し、過去の諸理論や知見を検索・参照することで、問題を客観的・学問的に解明し、独自に理論を構築する能力や仮説を検証する能力を有する。
                  3 表現能力:自らの発見を言語や身体で表現する技術を修得し、学問的普遍性や実践的価値をグローバルに発信する能力を有する。
                  4 社会的応用能力:問題を学問的に解明し、その成果を現実社会の諸問題の解決に応用できる能力を有する。
                  5 知的柔軟性:自他の研究成果を批判的・建設的に検討し、複雑多様化する現代社会のあらゆる局面に創造的に対応できる柔軟性を有する。

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部可0円

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野