ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  理工学域 環境デザイン学類

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  土木建設 4年 学士(工学)
                  環境・防災 4年 学士(工学)
                  都市デザイン 4年 学士(工学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  1~2年生では,環境デザインの幅広い局面で必要となる専門知識の基礎を階層的に教授する。専門基礎科目履修後の3年次には,学生の興味に応じた領域を集中 的に学習できるコース制(経過選択型主専攻)により,コースに関連する専門知識をより深く学べる体系を採用している。また,専門知識を横断的に活用した問題解決型 のデザイン教育科目を設定し,実践的な教育にも積極的に取り組んでいる。卒業研究はこれらの科目群の総まとめと位置づけており,指導教員の下で特定のテーマに ついて理解の深化を図らせる。さらに,建築系科目群の履修により建築学の基礎を学び,建築士の受験資格を得ることも可能となっている。また本カリキュラムは,日本技術者教育認定機構(JABEE)認定プログラムである。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  本学環境デザイン学類WEBサイトを参照してください。
                  http://www.ce.t.kanazawa-u.ac.jp/env_home/features/curriculum.html

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  環境の世紀ともいわれる21世紀において,持続可能で安全・安心な社会の発展に貢献するため,地域の特性と調和した社会・環境基盤の創造を志向する研究者・技術者が求められている。環境デザイン学類では,都市・地域の調査・設計,都市・地域を支える社会基盤(インフラストラクチャー)の設計・施工・維持管理,さらには都市環境の維持と廃棄物の処理・再生といった環境デザインの幅広い局面に必要となる,基礎的能力を涵養することを学類の人材育成目標とする。この人材養成目標に到達した者に学士(工学)の学位を授与する。 この人材養成目標に到達するためには,以下の学習成果を上げることが求められる。

                   ・(総合基礎学力)環境デザインに関連する自然科学・社会科学の基礎を習得し,技術者としての総合的な基盤を形成する能力。
                   ・(専門基礎学力)環境デザインの幅広い局面で必要となる専門的知識を,正しく理解できる能力。
                   ・(思考・判断)歴史や文化を含む地域の特性と調和した社会基盤の整備の重要性と責任を自覚し,専門的知識に基づいて多角的な状況分析と課題設定を行い,それを計画的に実践できる能力。
                   ・(関心・意欲)社会的要請や社会環境の変化に柔軟に対応し,自主的・継続的に学習できる能力。
                   ・(態度・倫理)社会基盤整備の持つ影響力の重要性を理解し,技術者倫理に則って人類の発展や福祉と地球環境との調和に貢献できる能力。
                   ・(技能・表現・行動)自己の考えの論理的な記述と効果的な説明を行うことができ,異なる専門分野や価値観の人たちと共同で仕事ができる協調性と指導力。

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部可0円
                  編入学可847,800円

                  転学部・編入学情報補足

                  受入れ上限数
                  4人(入学定員の5%)
                  (注)上記費用の内訳は,次のとおり・・・編入学試験検定料30,000円,入学料282,000円及び授業料(年間)535,800円

                  専攻分野

                  その他専攻分野