ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  工学研究科(博士課程(後期))

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  システム創成工学専攻 3年 博士(工学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                   本研究科博士後期課程では、学位授与の方針(ディプロマポリシー)に基づき、教育目的達成のため、次の教育課程編成・実施の方針を定めています。

                  〇それぞれの工学分野において、社会のさまざまな要請に応え、新たな課題の定立とその解決能力を高めるべく、基幹的専門分野について幅広く学ぶ副専門研修と、技術開発の現場における双方向インターンシップを選択必修科目として設けている。
                  〇それぞれの工学分野における先端的専門分野の修得をめざして、循環生産工学コース,機能創成工学コース、知能情報学コース、および学際先端システム学コースの4つのコースを設け、それぞれ多様な内容の選択科目を設けている。
                  〇先端的専門分野における研究を通した論文作成をカリキュラムの中核と位置づけ、研究を通して特定分野の深い専門知識を身につけるべく、主任指導教員1名と副指導教員2名による3年間の一貫した指導を行い、それら集大成である論文の作成と学協会誌への投稿・掲載を通して、高度専門知識と技術の総合化を図る。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                   本研究科博士後期課程は、3C精神(Challenge、Change、Contribution)を有し、以下の学修・教育目標をすべて達成し、所定の単位を修め、論文審査に合格した者に対して学位を授与します。

                  〇深い学識と高度な技術修得に裏付けられた高い研究能力を身につける。
                  〇高度先端技術の研究者、教育者として必須の基礎知識、専門知識、広い視野および確固とした倫理観を身につける。
                  〇社会における工学専門分野の果たす役割を深く理解し、持続的社会形成に向けた問題意識をもって研究が行える能力を身につける。
                  〇研究成果を分かりやすく説明し、その意義を広く社会に対して発信できるコミュニケーション能力を身につける。

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部可0円
                  編入学可850,230円

                  転学部・編入学情報補足


                  入学検定料(出願時):30,000円
                  入学料(入学手続時):282,000円
                  学生教育研究災害傷害保険及び学生教育研究賠償責任保険保険料(入学手続時):2,430円(2年間分。2年次に編入学した場合)
                  授業料(入学後):535,800円(年額)

                  上記金額のほか、別途振込手数料が必要。
                  入学料及び授業料については、免除及び徴収猶予の制度あり。

                  専攻分野

                  その他専攻分野

                  転研究科は、「宇都宮大学大学院学則(下記抜粋)」の定めるところによる。

                  (転研究科等)
                  第23条の2 学生が転研究科を志願するときは,同一の課程内に限り選考の上,当該研究科委員会の議を経て学長が許可する。