ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  情報科学研究科(博士課程(後期))

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  情報理工学専攻 3年 博士(情報科学)、博士(工学)
                  情報エレクトロニクス専攻 3年 博士(情報科学)、博士(工学)
                  生命人間情報科学専攻 3年 博士(情報科学)、博士(工学)
                  メディアネットワーク専攻 3年 博士(情報科学)、博士(工学)
                  システム情報科学専攻 3年 博士(情報科学)、博士(工学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  ○大学院情報科学研究科の教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)
                   大学院情報科学研究科は,学位授与方針で掲げる人材を養成するため,次の特色ある取組により各専攻の教育課程を編成・実施します。

                  【双峰型教育システム】
                  広い視野と柔軟な発想力を持ち,高度情報社会の発展と知識基盤社会の進展のために活躍できる研究者・技術者となれるよう,所属する専攻から主専修科目16単位を必修とし,所属しない専攻から副専修科目として4単位以上を選択する「双峰型教育」を実施します。

                  【国際性の涵養】
                  全専攻で英語あるいは英語・日本語併用で実施される講義を開設します。外国研究発表旅費支援および英語論文校正費支援をする「国際的で多様な価値創造人材育成事業」を大学院教育プログラムの一つとして実施し,修士ならびに博士の学位論文に係る研究について国際的な場で発表するための支援をおこないます。

                  【特色ある教育プログラム】
                  国際性啓発教育プログラムの開発や産学連携教育プログラムを提供するCEED (Center for Engineering Education Development)では,英語力を強化するための科目等を開講し,国内外の企業等でのインターンシップを支援します。

                  【キャリア形成の支援】
                  就職企画室を組織し,産業技術フォーラムなどを実施することで専攻横断的なキャリア教育をおこない,多様なキャリア形成を積極的に支援します。

                  【教育の質保証】
                  高い教育の質を保証するため,FD 推進室を組織し,教員の教育資質を高めるFD 研修への参加を義務付けます。また,教育企画室を組織し,学習や進路相談等の学生支援,教育制度の評価により制度改革を持続的に進める評価を実施します。



                  ○情報理工学専攻の教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)
                   情報理工学専攻では,学位授与方針に定めた能力を持つ人材の育成を目標として,双峰型教育システムのもと,以下の通りカリキュラムを編成し実施します。

                  ■博士後期課程
                  ・他専攻の科目履修を課すことにより,自身の専門分野にとどまらない幅広い専門的知識の獲得を図ります。
                  ・自立した研究者に必要となる問題解決力と論文作成方法を習得するため,各研究室において特別研究を開講し,博士論文研究を支援します。
                  ・RA業務等を通じて,研究開発の場で必要となる問題解決能力やプロジェクト推進能力の向上を図ります。



                  ○情報エレクトロニクス専攻の教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)
                   情報エレクトロニクス専攻では,学位授与方針に定めた能力を持つ人材の育成を目標として,双峰型教育システムのもと,以下の通りカリキュラムを編成し実施します。

                  ■博士後期課程
                  ・他専攻の科目履修を課すことにより,自身の専門分野にとどまらない幅広い専門的知識の獲得を図ります。
                  ・自立した研究者に必要となる問題解決力と論文作成方法を習得するため,各研究室において特別研究を開講し,博士論文研究を支援します。
                  ・RA業務等を通じて,研究開発の場で必要となる問題解決能力やプロジェクト推進能力の向上を図ります。



                  ○生命人間情報科学専攻の教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)
                   生命人間情報科学専攻では,情報科学研究科の教育課程編成・実施の方針に従い,学位授与水準に定めた能力を持つ人材の育成を目指すとともに,情報科学研究科の双峰型教育システムにおける生命科学・生体工学教育の提供を行うために,以下のとおりカリキュラムを編成し,実施します。

                  ■博士後期課程
                  ・自立して研究を行うために必須となる,専門知識の収集と客観的分析の能力,問題の発見・解決能力,高度な研究発表技術の習得のために,各研究室において生命人間情報科学特別研究を開講し,博士論文研究を支援します。
                  ・生命人間情報科学専攻以外の専攻および他大学院の科目履修を課すことにより,異分野を含む幅広い専門知識の獲得を促します。
                  ・博士論文研究をより完成した高度なものにすることを目的として,所属研究室以外の教員等も助言を行う中間研究報告会を実施します。
                  ・高度なTAおよび研究補助業務(RA)等を通じて,生命人間情報科学分野で必要とされる高度な教育・指導能力および研究遂行能力の向上を図ります。



                  ○メディアネットワーク専攻の教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)
                   メディアネットワーク専攻では,学位授与水準に定めた能力を持つ人材の育成を目標として,双峰型教育システムのもと,以下のとおりカリキュラムを編成し,実施します。

                  ■博士後期課程
                  ・他専攻あるいは他研究科からの科目履修を課すことにより,自身の専門分野に留まらない幅広い専門的知識の獲得を図ります。
                  ・自立した研究者に必要となる問題解決と論文作成方法を習得するため,各研究室において特別研究を開講し,博土論文研究を支援します。
                  ・必要に応じて副指導教員を選定し,所属研究室以外の教員等からもアドバイスを受けることのできる多様で広い知見に基づいた教育研究環境を提供し,優れた博士論文研究を支援します。
                  ・産業界との合同フォーラムを博士後期課程の学生が中心となって企画・運営する機会を提供し,リーダーシップの醸成を図るとともに,企業の先端技術に触れる機会を提供します。
                  ・高度なTA・RA業務等を通じて,大学あるいは情報科学の研究開発の場で必要となる優れた教育力とプロジェクト遂行能力の向上を図ります。



                  ○システム情報科学専攻の教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)
                   システム情報科学専攻では,学位授与水準に定めた能力を持つ人材の育成を目標として,双峰型教育システムのもと,以下のとおりカリキュラムを編成し,実施します。

                  ■博士後期課程
                  ・他専攻,研究科共通あるいは他研究科からの科目履修を課すことにより,自身の専門分野に留まらない幅広い専門知識の獲得を図ります。
                  ・自立した研究者に必要となる問題解決力の強化と論文作成方法習得を促進するため,各研究室において特別研究を開講し,博士論文研究を支援します。
                  ・2年次の2学期半ばに博士論文研究のポスター発表形式の公開中間報告会を実施し,所属研究室以外の教員から指導や助言を受けることにより,優れた博士論文研究を支援します。
                  ・学位論文をまとめる前に,学生ごとに組織される研究指導委員会からの研究内容と論文執筆に関する指導を行い,学位取得に向けた研究成果の取りまとめを支援します。
                  ・高度なTA・RA業務等を通じて,大学,研究組織,企業等の研究開発の場で必要となる優れた指導力と業務遂行能力の向上を図ります。

                  続きを読む… 折り畳む

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  本研究科の教育課程は,二つの専門領域に関する知識を体系的に学ぶことで,広い視野と柔軟な発想力を持った研究者・技術者として活躍できることを目標として組まれています。

                  博士後期課程では,修士課程で修得した主専修科目,副専修科目以外のもう一つの科目群(4科目)を履修し,視野をさらに広げることとしています。ただし,履修科目の構成には自由度を持たせています。また,他学出身者,社会人特別選抜学生などのように博士後期課程から本研究科に入学した場合は,所属専攻の科目も履修することができます。

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  ○大学院情報科学研究の学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)
                   大学院情報科学研究科は,本学が掲げる4つの基本理念(フロンティア精神,国際性の涵養,全人教育,実学の重視)の下,情報科学の学理の承継と創造を通じて,高度情報社会の発展に貢献し知識基盤社会の一翼を担う基礎的素養と高度な専門的素養を身に付けた, 国際化,科学技術の高度化,学際化等に対応できる多様な知識, 判断力および実務対応能力を持つ人材の育成を教育目標としています。

                   大学院情報科学研究科では,この目標とする人材像に求められる具体的な能力(学位授与水準)を修士課程と博士後期課程において専攻ごとに定め,当該能力を身につけ,かつ所定の単位を修得し,学位論文の審査及び試験に合格した者に修士または博士の学位を授与します。



                  ○情報理工学専攻の学位授与水準
                   情報理工学専攻では,大学院情報科学研究科のディプロマ・ポリシーに基づき,複合情報工学,知識ソフトウェア科学,数理科学,及び大規模情報システム学の基礎から応用までを修得し,様々な情報システムに関して科学的な理解に基づき工学的に問題解決を行うための専門的知識を身に付けると共に,社会に必要な革新的情報技術を創造する高度な技術者または研究者として国際的に活躍するための専門的能力を持つ人材の育成を目標としており,次の能力を持つと認められる者に対し,修士または博士の学位を授与します。

                  【博士後期課程】
                  下記分野に関する高度な専門能力と研究能力及び応用力,国際的な情報収集力・情報発信能力
                   ・複雑・複合的な知的振る舞いを行う次世代IT
                   ・知識の検索・創出を支えるソフトウェア
                   ・実世界のデータを数理的に分析・理解する基礎と応用
                   ・大規模データ処理のための情報基盤開発等




                  ○情報エレクトロニクス専攻の学位授与水準
                   情報エレクトロニクス専攻では,大学院情報科学研究科のディプロマ・ポリシーに基づき,先端の学術研究を基としつつ,エレクトロニクスのための材料・プロセス技術・デバイス技術・電子回路技術・情報処理技術・情報通信技術にわたる教育を通じて,幅広く高度な知識・研究能力を有し,新しい科学技術を創り出し,研究開発や産業の推進を主導できるような人材の育成を目標としており,次の能力を持つと認められる者に対し,修士または博士の学位を授与します。

                  【博士後期課程】
                  下記分野に関する高度な専門能力と研究能力及び応用力,国際的な情報収集力・情報発信能力
                   ・材料・デバイス・回路・システムにわたる総合的な研究開発
                   ・ナノ構造・ナノ材料などの新しい物質群の創成と新規デバイスの提案
                   ・量子現象の解明・制御と新しい電子及び光デバイスの開拓
                   ・各種デバイスによる機能的な電子及び光回路と集積システムの開発
                   ・革新的な情報処理ハードウェアアーキテクチャの創出
                   ・新規デバイスを活用したハードウェア技術や回路技術の開拓



                  ○生命人間情報科学専攻の学位授与水準
                   生命人間情報科学専攻では,情報科学研究科の教育目標を基礎として,生命・人間を中心とする科学技術の融合と発展に対する社会的要請に応えることを目指します。そのため、新たな学術領域である生命人間情報科学,すなわち,生命・医療に関連する科学・工学の融合分野において中心的役割を担うことのできる人材の育成を目標として,次の知識および能力を持つと認められる者に対し,修士または博士の学位を授与します。

                  【博士後期課程】
                   ・生命人間情報科学の発展に必須な科学・工学分野に関する広く高度な専門知識
                   ・生命人間情報科学の先端研究を行うための優れた情報収集・分析能力
                   ・生命人間情報科学における重要かつ独自の研究課題を発見する能力
                   ・科学・工学に関する高度な問題解決能力
                   ・研究成果を広く的確に伝えるための発表技術に関する知識とその応用能力
                   ・専門知識の教育と研究指導の能力



                  ○メディアネットワーク専攻の学位授与水準
                   メディアネットワーク専攻では,情報科学研究科の教育目標に基づき,情報メディアと情報通信に関して広い視野と深い学識を備え,自立して研究開発を行うことができ,国際性を備えた創造力の豊かな人材の育成を目標としており,次の能力を持つと認められる者に対し,修土または博士の学位を授与します。

                  【博士後期課程】
                   ・先端的分野を開拓するために求められる情報科学に関する幅広い知識と,情報メディアと情報通信分野における高度に専門的な知識と深い理解
                   ・先端的で高度な専門性を持つ課題に対して,深い知識に基づく問題解決能力と応用力
                   ・未知の課題・未踏分野に対する分析能力と課題発見能力,研究推進能力
                   ・独立した研究者として,生涯にわたり自己研鑽を行い自立して研究を推進する能力
                   ・国際的プロジェクトを遂行するにあたり必要とされる,コミュニケーションとリーダーシップの能力



                  ○システム情報科学専攻の学位授与水準
                   システム情報科学専攻は,情報科学研究科の教育目標に基づき,豊かな社会と先進的な産業の基盤となる新たなシステムの研究開発・設計・計画・制御・運用を,電気・機械・情報・エネルギーの各専門領域に対する横断的な理解と,全体を俯瞰するシステム科学的な視点から推進できる人材の育成を目標としており,次の能力を持つと認められるものに対し,修士または博士の学位を授与します。

                  【博士後期課程】
                   ・長期的な視点から社会のニーズをとらえる力と,高度な専門的知識でニーズに応えていく展開力
                   ・先進的な研究者のグローバルなネットワークに参画し,研究動向の情報収集と自身の研究成果の情報発信を行う能力
                   ・自立した研究者に必要となる独創的な研究課題を発見する力と,困難な課題に対して粘り強く取り組み,目標へと向かう前進力
                   ・システム情報科学の研究開発を行うグループの推進役としてのリーダーシップとプロジェクトマネジメント能力
                   ・社会に貢献し信頼される研究を遂行するプロフェッショナルとしての研究者倫理

                  続きを読む… 折り畳む

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野