ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  国際食資源学院(修士課程)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  国際食資源学専攻 2年 修士(食資源学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  本学院では,世界が直面する多様かつ重層的な食資源問題を理解し,具体的な解決策を提示・実践できる国際的リーダーを養成する。そのため,先端的,学際的かつ総合的な文理融合型の教育研究を実施し,世界の食資源問題を俯瞰的にとらえることのできる幅広い知識と,問題解決を実践できる専門性を兼ね備えた人材を輩出することを教育目標とする。
                  既存の大学院教育ではできないワンダーフォーゲル型学習による実学教育や,「T型人材養成」のための文理融合教育に基づき,ジェネラリストを養成できるカリキュラムを編成し,教員と学生の実践的対話から生まれる真の文理融合・異分野融合,新しい複合学問領域創出を目指す。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  本学院では,カリキュラム・ポリシーに掲げた教育目標に対応する人材を養成し,次の能力を持つと認められる者に対し,修士の学位を授与する。
                  ◾世界が直面する多様かつ重層的な食資源問題に対する幅広い知識とその深い理解力
                  ◾国際的に活躍できるコミュニケーション能力
                  ◾問題を的確に捉える洞察力と分析力
                  ◾課題解決に向けた方策を提案し企画・立案する能力,および高い研究推進力
                  ◾リーダーとしての行動力とその自覚をもつ精神力
                  ◾食資源問題を解決する専門家として職業を担うことのできる能力

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部可0円

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野